読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとくち。どのくち。このきもち

食べ物、ぐち、思ったこと、なんでも書きます。

鳥取の本気

日常

朝起きると、一面の銀世界…

といえば、聞こえがいいのでしょうが
実際そんなに甘くないんだと感じました。

昨日の夜から本格的に降りだした雪は
あっという間に降り積もり、
朝起きてみれば大変なことになっていました。

そんな雪でも学校は休校にならず、
仕方なく登校…。

第一難問にして最難関 階段

f:id:xihirox:20170123104902j:plain

これはアパートの階段です。
え、スロープ?
と思わせるほどの緩やかな斜面。
一歩踏み間違えると一気に下まで下りることが
できますが、
慎重に一歩一歩下っていきます。

歩道に下り立つと、膝下まですっぽりと
雪が覆ってきました。
んー、帰りたい。

f:id:xihirox:20170123105151j:plain

道路を挟んですぐが大学。
近いことが唯一の取り柄なのですが、
今日はとても苦労しました。

大学内は除雪車も入らないため
新雪がこんもりと一面に降り積もっているからです。

駐車場の横を通ると、この通り…。

f:id:xihirox:20170123105342j:plain

車をすっぽりと雪が覆ってきました。
……いと哀れなり。

f:id:xihirox:20170123105450j:plain

木々に降り積もった雪は、幻想的で
とても美しいのですが…
そんなこともあまり思えず、
黙々と研究室へと向かっていきました。


早く…早く休校になれ…。
アホなのかこの大学。


いひろ