読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとくち。どのくち。このきもち

食べ物、ぐち、思ったこと、なんでも書きます。

大学卒業を控えて思うこと

 

本日,卒論の提出が無事に終わり,

あとは卒論の評価を待つのみとなりました.

 

早いなぁと思い,そして

寂しさが少しずつ増してきました.

 

鳥取に引っ越してきて,早4年.

 

初めての独り暮らし.

 

初めての土地.

 

不安だらけでしたが,

何とかここまでやってきました.

 

鳥取という何もないところへやってきて,

最初の頃は,本当に嫌で嫌で仕方ありませんでした.

 

自分でこの場所を選んだにも関わらず・・・

ひどいヤツですよね(笑)

 

県庁所在地でありながら,

駅前は殺伐とし,

電車やバスは本数が少ない.

 

行き交う人も少なく,

あぁ…本物の田舎に来てしまったんだ

そう思いました.

 

でも,

住めば都.

 

この言葉の通り,

私はどんどんと鳥取が好きになっていきました.

 

何にもないけど,

人柄はいいし,

(何度バス停でおばあちゃんに話しかけられたことでしょう)

(仲良くなったおばあちゃんと連絡先を交換したこともあったなぁ)

(蟹汁の作り方を教えてもらったこともあったなぁ)

食べ物もおいしい.

 

嫌いだったはずなのに,

いつのまにか愛着が湧いて

どんどん居心地がよくなっていきました.

 

そんな鳥取を離れる時が来るなんて・・・

 

いつかは来る,

そう思ってはいたものの

いざ,時が近づくと

実感が湧きません.

 

今日は,ゼミの後輩たちが追いコンを開いてくれます.

 

あと少しで,学生が終わる・・・

 

なんだか,変な気分です.

 

もちろん,卒業間際というのは,

毎回センチメンタルになりがちで,

何かにつけて「これが最後の・・・」

となるわけです.

 

でも,中学を卒業したら高校だし,

高校を卒業したら大学.

 

場所は変われど,

同じ学生という見えないバリアに

守られていた気がします.

 

このバリア・・・

めちゃすごい.

頑丈.

ふわふわした気分.

何かあっても,何とかなる.

ゆるゆるエブリデイ.

 

今までの生活は,

とてつもなく偉大な力に守られていたのだと感じます.

 

 

あと,一ヶ月も経てば,

立派な(?)社会人です.

 

そして,バリアを持たない素での勝負.

 

どうなるのだろう・・・.

 

学生時代,本当にたのしかった.

 

辛いことも確かにあったけど,

今,楽しかったと思えるのだから,

その辛さもいいスパイスになってたんだろう.

 

社会人になっても,同じように

楽しいと思えるだろうか.

 

分からない.

 

でも,確かに今言えること.

 

それは,

 

卒業までを存分に楽しんでやる!!!!!!

 

ただ・・・それだけ.

 

残り少ない,鳥取生活.

 

悔いのないように・・・

 

思い切り.

 

 

いっぱい飲むぞ,いひろ